金融ブラックで無審査の即日融資希望なら給料ファクタリング

金融ブラックでも即日融資を受けたい、ということはありますよね。
急な冠婚葬祭があるかもしれません。外せない用事が入ることだってあるわけです。

でも金融ブラックになってしまうと、どの消費者金融の審査を受けても落ちてしまいますよね。クレジットカードの審査にだって落ちてしまいます。

そこで考えるのが「無審査で融資を受ける方法はないのか?」というもの。
都合の良い考え方かもしれません。
でも、やっぱり金融ブラックになってしまうと無審査でなければ即日融資してもらえません。

こちらでは金融ブラックの方の消費者金融からの即日融資、および闇金、さらには給料ファクタリングについて解説します。
金融ブラックでも無審査で即日融資を受ける方法はあるのでしょうか?

消費者金融では審査があるのでブラックは借りにくい

ブラックの方に絶対借りれる方法はありません。
もちろん100%無理と言っているわけではありません。状況によっては借りられるのですが、可能性が極めて低いのです。

ではなぜ金融ブラックだと消費者金融から融資が受けにくいのでしょうか?

個人信用情報でバレてしまう

消費者金融が審査で必ずやっているのが個人信用情報のチェックです。
個人信用情報には様々な情報が掲載されており、もちろん金融事故についても記載されています。

金融事故とは

長期間滞納
自己破産
債務整理
任意整理
特定調停

などを指しています。
要はローンであるとかクレジットカードの返済ができなかったことを指しているんですね。

金融事故の情報を見た消費者金融はどう思うでしょうか?
「この人には返済能力がないからお金を貸すのは不安」と思うのではありませんか?

個人信用情報は中小の消費者金融でもチェックします。
金融ブラックの方は消費者金融からお金をかりるのは極めて難しいのです。

滞納中は特にダメ!

現在進行系で返済ができないない状況は最悪です。
消費者金融の審査を突破するのはほぼ無理でしょう。

滞納中に融資したとしても、「融資したお金が他社の返済に回されてしまい自社には返済されない」と思われてしまうからです。

どうしても融資を受けたい場合には、とりあえず現状の返済状況を良くする他ありません。

無審査の闇金には注意

無審査でもお金を貸してくれる可能性があるのが闇金です。
闇金は基本的に無審査であり、誰にでもお金をかそうとします。
しかし闇金は絶対に利用してはなりません。

最近では「ソフト闇金」が登場していますが、「ソフト」とは言いつつ闇金であることには変わりないので注意しましょう。

ソフト闇金とは?

闇金と異なるのは取り立てです。
脅迫まがいの取り立てをするのではなく、比較的利用者に優しく接してくるのです。

しかし行っていることは闇金にほかなりません。
法外な金利で貸付を行っているので、いずれは返済ができなくなってしまいます。

ソフト闇金利用者を調べてみると、過払い金が100万円を超えていたケースも有るほど!

彼らは金融ブラックの方の足元を見ています。
一般的な消費者金融が貸出してくれないことを分かっているのです。
だから法外な金利でも貸し出しても文句ないだろう、ということで「10日で利息20%」や「1週間で30%の利息」などといった貸付を行ってきます。

一度でも利用してしまうとソフト金融であろうとなかなか抜け出せません。
甘い言葉には惑わされないようにしましょう。

ちなみに10日で利息20%を年利にすると730%になります。
1週間で30%の利息を年利にするとい1,500%を超えてきますよ。

無審査で安全なのは給料ファクタリング

金融ブラックでも即日で資金を得られる方法としておすすめしたいのが「給料ファクタリング」です。

給料ファクタリングは厳密にいうと「融資」ではありません。
なので金融ブラックであったとしても利用できるのです。

詳しく説明すると、給料ファクタリングでは「あなたが将来受け取る給料を買い取る」のです。
例えば1ヶ月後に支払われる給料が30万円だとします。
その30万円を25万円などで買い取ります。

要はリサイクルショップなどにブランド品などを売るのと同じような感覚なんですね。
給料を受け取る権利は消滅してしまいますが、そのかわり融資のような返済は必要ありません。

給料の前借り、といっても良いしょう。

完全に無審査というわけではありませんが、あなた自身は審査対象のメインではありません。
そもそも給料を支払うのは誰でしょうか?会社ですよね。
よって給料ファクタリングの業者は会社を調査します。会社の信用度が高ければ給料を買い取ってくれるというわけ。
だからあなたの個人信用情報は関係ありません。

消費者金融の審査に落ち続けて絶望を感じている方も多いでしょう。でも給料ファクタリングであれば資金調達できる確率が高いです。

ちなみに借り入れではないので常習性が低い、といったメリットもあります。しかも借り入れではないので個人信用情報へ記載されることもないので、今後の借り入れにも影響を与えませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました