無職で即日融資それも無審査なんて無理!?資金調達の裏技

無職で即日融資を狙っている、という方も多いのではありませんか?
ニートであるとか引きこもりであると、融資を受けるのは簡単ではありませんよね。
そもそも融資を受けるとなると審査を受けなければなりません。
審査では収入が大きなテーマになります。
収入がないことがわかると、消費者金融やクレジットカードを利用したキャッシングは基本的に受けられません。
即日融資も当然できないわけです。

でもネットなどをチェックすると

「無審査でOK」
「無職でOK」
「誰にでも即日融資実施中!」

などの甘い言葉で勧誘している貸金業者もありますよね。
しかしそれらの業者を利用するのは極めて危険です。
闇金かもしれません。

今回は無職でも無審査で即日融資をしてもらえるのか、ということをテーマにお伝えします。
さらには資金調達のちょっとした裏技についても紹介しますね。

無職でお金を借りれる方法は危険だらけ

無職でお金を借りる方法ですが、実は危険度がマックスです!
一度でも利用してしまうと借金地獄から抜け出せなくなってしまうかもしれません。

よく考えてみましょう。
なぜまっとうな消費者金融やクレジットカード会社は必ず審査を行っているのでしょうか?
実は審査であなたの返済能力を確かめているのです。

お金を貸す側として最も気になるのは、貸したお金が返ってくるのか、というところ。
仮に返ってこないようなことがあればどうなってしまうのでしょうか?
彼らは貸し倒れ損失を負ってしまうことになります。
要はマイナスになってしまうわけです。

消費者金融もクレジットカード会社もビジネスとしてお金を貸します。
だから利益が出なければ意味がないわけです。
審査をおこなって、貸し倒れ損失が少しでも低い相手を探しているということ。

であるにもかかわらず無審査で即日融資する業者があるとなったらどうでしょうか?
普通に考えると怪しさ満載ですよね。

では無職の方でも無審査で即日融資してもらえる可能性のある闇金や個人間融資についていても確認していきましょう。

一番気をつけるべきなのは闇金

無職でも無審査で即日融資してくれる系の宣伝文句で貸付けを行っているのは基本的に闇金です。
闇金という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、その中身を詳しく理解している、という方は少ないかもしれません。
彼らの実態についてお話しますね。

闇金とは、要は貸金業登録をおこなわずに貸付を行っている業者を指しています。
簡単に言ってしまえば、貸金業登録をしていないので法律を守る気はありません。

お金を貸す、ということについては法律上様々な取り決めがあります。

年利の上限も法律によって決まっていますし、取り立てのルールも法律によって決まっています。
それらのルールをヤミ金業者は守る気はありません。
だから違法な高金利で貸付を行うこともありますし、返済がされない場合には悪質な手口で取り立てを実施します。

高金利と言っても生易しいものではありません。
貸金業法で決まっている年利の上限は20.0%です。
しかし闇金ともなると、年利で1,000%を軽く超えてしまうことも・・・。
そんな高金利を支払えるでしょうか?
借りたお金の何倍ものお金を返済していかなければなりません。

取り立ての正式なルールも確認しておきましょう。

・深夜や朝方の取り立て禁止
・複数人で取り立てを行うのは禁止
・本人以外から取り立てるのは禁止
・暴力や脅迫を利用した取り立ての禁止

このように様々なルールが明確に決まっているのですが、闇金はどれも守りません。
厳しい取り立てにあってしまい、普通の生活が送れなくなってしまった方も少なくないのです。

闇金は何があろうと絶対に利用しないでください。
誤って利用した場合には弁護士に相談しましょう。

個人間融資も危険!ひととき融資に注意

個人間融資なら大丈夫だろうと思って、友人や知人にお金を借りる人もいるかも知れません。
確かに気軽に利用できるかもしれませんが、個人間融資も利用しないほうが良いです。

個人間融資も金利や取り立てのルールが明確ではありません。
借用書などもしっかりと作成しないと、後々大きな問題に発展する可能性があるのです。

さらに近年話題となっているのが「ひととき融資」です。
簡単に説明してしまうと、女性にお金を貸す約束でセックスをして実際にお金を貸すような行為を指しています。

「闇金」+「売春」のような行為と言っても良いでしょう。
もちろん、ひととき融資を行っていた男性は実際に逮捕されています。

無職の女性は融資が受けにくいので「ひととき融資」を利用したくなってしまうかもしれませんが、明らかな犯罪行為なので絶対に手を出さないでください。

無職ではお金を借りれない!前給や祝い金があるバイトや仕事をしよう

無職が理由でお金が借りられなおいのであれば、仕事をすればよいのです。
仕事によっては前給や祝い金(入社祝い金)がアルバイトもあります。
仕事をはじめる前に一定のお金を確保することも出来るわけ。
期間工として一時的に働く、といった方法もありますよ。

また仕事を初めて給与が発生するようになると、給料ファクタリングと呼ばれる資金調達方法もあります。
資金調達は何も融資だけではありません。
様々な方法があるので、自分にあっているものを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました