少額融資なら可能!審査無しで借りたい時の裏技

10,000円から50,000円程度の少額融資を望んでいる、という方も多いのではありませんか?
少額融資なら審査無しで利用できるのでは、と思っている方もいるかも知れません。

たしかに融資額が少額であれば、その分審査難易度が低くなる可能性は十分にあります。
考えてみましょう。
100万円貸す場合と10,000円貸す場合では、リスクが違いますよね。
100万円のリスクと10,000円のリスクには大きな開きがあるので、審査内容も変わってくる可能性があるわけです。

今回は少額融資をターゲットに審査無しで融資してもらうことは可能なのか、ということをお伝えします。

少額でも消費者金融は審査がある

確かに審査難易度は少額であれば高額に比べればゆるくなる可能性はあります。
しかし少額であったとしても消費者金融は必ず審査を実施してきます。
よってブラックになってしまっている方の利用は極めて難しいことにかわりありません。

たったの10,000円を借りるだけでも審査は行われるのです。
消費者金融としてもボランティアでお金を貸しているわけではありません。
小口融資であっても、ビジネスでお金を貸す事になるので返済の確実性が確認できる人でなければ貸出は実施しないのです。

ではどういった方は融資が受けやすくて、どういった方は融資を受けにくいのでしょうか?

消費者金融から融資を受けやすい人

働いており正社員である
不動産などの財産がある
借金額や借金件数がゼロまたは少ない
クレヒスに問題がない(返済の遅れなどを経験していない)
債務整理経験がない(過去5年から10年以内)

返済能力が高い、と判断されれば融資される可能性が高まります。
正社員であると、収入も安定しているはずです。
不動産などの財産があれば、返済できなくなったときでも回収できる可能性が高まるので、審査では有利になります。

返済の確実性も重要であり、クレヒスで返済の遅れがなければプラス評価になります。
債務整理経験も信用に大きく関わります。

消費者金融から融資を受けにくい人

無職または非正規雇用である
財産がない
借金額や借金件数が多い
クレヒスに問題がある(返済の遅れが複数回発生している)
債務整理経験がある(過去5年から10年以内)

返済能力が低い、と判断されると融資されるのは難しくなります。
特に債務整理経験や無職は審査ではかなり不利になるので注意してください。

個人の金融審査が無いのは給料ファクタリング!

消費者金融で審査無しで少額融資を受けるのは難しいですが、「融資」でなければ利用できる可能性があるものがあります。
それは「給料ファクタリング」です。

給料ファクタリングの最大のメリットは「個人の金融審査が無い」という部分です。

給料ファクタリングは給料を受け取る権利を売却するものです。
そして給料日に入ってきた給料を業者側が受け取って取引が完了します。

給料を支払うのはあなたではありません。雇い主である会社ですよね。
だから給料ファクタリングではあなたのことは基本的に審査しません。
本人確認などの確認はされますが、返済能力などの審査がされることはないのです。

一方で審査を受けるのはあなたの雇い主である会社です。
あなたの会社が信用できると判断されれば、給料ファクタリングが利用できることになります。

給料日前でお金に困っている、という方も多いのではありませんか?
1週間後に給料が入ってくるけど、それまでの生活費が足りない、ということもあるでしょう。
たった1週間のために消費者金融で融資を受ける、ということはなんだかもったいないようにも感じてしまいませんか?

融資を受けると個人信用情報に記載されてしまいます。
今後のローンの利用が難しくなってしまうかもしれません。
しかも返済は数ヶ月や数年続いていくことになるかもしれないのです。
借金グセが生まれてしまうかもしれません。

給料ファクタリングを利用するメリットはたくさんあるのです。

少額融資なら審査無しで即日融資が可能

街金の中には「審査無し」をうたっているところもあるかもしれません。
しかし闇金である可能性が極めて高くなってくるので、利用はおすすめできません。

闇金は確かに審査がないかもしれません。
しかし非合法な存在でもあるので、金利であるとか取り立てに大きな問題があります。
5万円を借りただけなのに、返済額が数十万円や100万円を超えてしまうこともあります。
年利が数千%になることも珍しくありません。

取り立てもかなり厳しく、昼夜を問わずに電話連絡があります。
家に押しかけてくることもあれば職場に押しかけてくることもあるかもしれません。
家族や会社に取り立てを行ってくるともあります。

一方の給料ファクタリングは、借金ではないので取立てはありません。
ファクタリング利用分の給料を業者に渡らしたら取引はそこで終わりです。
非常にシンプルなので、利用グセが発生する可能性も低いと言われています。

融資を受けるのは難しくなってきたら給料ファクタリングを利用してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました