サラ金に借金がある場合クレジットカードの審査に影響する?

サラ金に借金があると、クレジットカードの審査に影響するのかどうか心配される方は多いと思います。

サラ金の借金は、クレジットカードやローンと比べて、使用目的が不明確で、印象が悪いのであれば、クレジットカードのキャッシング枠の利用も同じになるのか気になると思います。

ギャンブル、生活費に使うと同じような感覚だと思います。

クレジットカードのキャッシング枠をリボ払いなどで、使っている場合も同様に印象が悪くなります。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠は、新規では0円から30万程度が一般的で、はじめから、低めに設定されています。

サラ金から金を借りる行為は、目的を特定しない現金だけが目的であり、普通の人にとっては異常な行為です。

物品などの購入なら、クレジットカードまたはローンで十分です。

遊興費、ギャンブル、生活費以外の目的は考えられません。

本来、無担保の借金には、

①銀行からの借り入れ、②消費者金融(サラ金)からの借り入れ、③商品やサービスの対価に対するローンがあります。

クレジットカードの作成のとき、CICとJICCの情報を見て審査します。

全国銀行協会の情報は、遅延情報などで、借り入れ額は見ることができません。

従って、遅延などの事故が無い限り、銀行からの借り入れは影響しません。

サラ金からの借金は、ギャンブル依存症の人、生活苦から生活費が不足している人などが利用するケースが多いです。

支払い能力が不足している可能性が高く、クレジットカード会社も慎重に審査します。

借り入れの金額が多いと、クレジットカードの発行は見送られる可能性が高いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました